スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
*Edit TB(-) | CO(-) 



市街地散策

今、麻機遊水池はどうなった!!

我が家から車で、おおよそ3,4分走ると、麻機(あさはた)遊水池があります。 ここは、野鳥の宝庫!野鳥観察に訪れる人は大勢いました。 私もビデオの撮影に来た事があります。静岡の市街地から車で約15分位、 静岡でも珍しく自然の有る場所です。 息子の小さな頃は家から近いという事もあり、良く連れて来ました。 野鳥を追って、ビデオ撮影も映像の仲間と来た事もあります。
麻機遊水池の風景 
ところが第二東名静岡インターの取付道路工事が始まり、 様相は一転し、遊水池への入り口も中々分かりません。 工事現場の真ん中にやっと、狭苦しい入り口を見つけ、入っていきました。 道も何だか狭くなったような気がしました。
覚えていませんか?
だいぶ前に”コウノトリ”が一羽だけ飛来して、マスコミを賑わせ日本中に知れ渡った沼なんです。 どうやら麻機遊水池の直ぐ側で、取付道路の工事が始まってしまったようです。 今までの野鳥の飛び交うこの環境は守られていくのでしょうか? 果たして、野鳥たちはまた、この沼に戻ってくるんしょうかね?”コウノトリ”の飛来した時は、 当然私もいそいそとビデオ撮影にやってきました。 この遊水池には”沼の婆さん”という伝説があったり、 古くから行われている”芝あげ”という行事もあり、中々有名な沼なんです。 市内で取り残された、自然溢れる場所です。 <沼の婆さん:>沼のばあさんは孫の小葭が河童に沼へ引きずり込まれて死んでしまい、 嘆いたおばあさんが大蛇となって河童を退治するというお話だったと思います。 <芝あげ紹介のブログ> http://blogs.yahoo.co.jp/aoi_shizuokacity/10465793.html 自然美を撮影するなんて時には、ここもとても良いビューポイントだったんです。 すぐ近く迄、住宅建設等が押し寄せてきましたが、遊水池という事もあって、 ここが開発される事は無いでしょう。 ★"今日の麻機遊水池の風景"  
スポンサーサイト
*Edit TB(0) | CO(2)



~ Comment ~

No title

おはようございます。

いい場所ですね~
伝説がある場所ですか?こういう自然がある場所、野鳥が羽休めにくる場所は手をつけずにずっと残して欲しいですね。

私の家の裏にも池があってシラサギがたまにいます。見てるだけで癒されます。

そうそう

「芝あげ」紹介のリンククリックできないです><
[2009/06/21 09:17]  yukimi  URL  [ 編集 ]

No title

環境が壊されていくのって悲しいですよね。
コウノトリが来たとなれば逆に保護していけばいいのに…汗
[2009/06/20 22:21]  煌龍百智  URL  [ 編集 ]















管理者にだけ表示を許可する

~ Trackback ~


Back      Next


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。